妊婦健康診査の補助券が14回使えるようになったんですか?(2009年 vol.12)

川崎市では妊婦健診の助成回数が平成21年4月から14回に増えました。

妊娠を正常に経過させて、健康な赤ちゃんを安全に出産するには、妊娠中の健康診査と保健指導の徹底が大切です。妊娠によりお母さんの身体にはさまざまな変化が生じ、非妊時とは明らかに異なってきます。妊娠中ほとんど健診を受けず、母児の状況がわからないまま飛び込み分娩をすると、母児ともにトラブルが生じることがあります。

このようにならないためにも、定期的な健診(※)が必要になります。その際、この補助券がご利用になれます。ただし、無料券ではないのでご注意ください。また、保険が適用になる場合はご利用になれません。


 
※妊娠24週未満(第6月)までは4週に1回、妊娠24 週から36 週未満(第7月から第9月末)までは2週に1回、妊娠36週(第10月)以降分娩までは1週間に1回の健診

このページのトップへ